三味線を手に入れるには

三味線に興味をもったはいいけど、さて、肝心の三味線はどこで手にいれたら…。自分も思い立ったときに浮かんだ問題です。カルチャーセンターなどで練習するときは借りることもできるのですが、それでは自宅で弾けず上達しません。

やはり自分の三味線を手に入れていつでも好きなときに弾けるのが上達の近道。で、マイ三味線をゲットする方法は主に2通り。三味線店に出かけて選ぶ方法と、インターネットを通じて買う方法です。

最近は三味線店でもホームページをもっているところがほとんどなので、専門店にネット経由で購入することもできます。

1 三味線店に行く

いろいろな三味線の現物を見ることができ、話を聞くことができるというメリットがあります。ただ、自分もいろんな店に行きましたが、高価な三味線がほとんどです。入門・練習用の花梨製の中古でも5万円程度します。

これが紅木や津軽の新品となったら20万、30万はむしろ安いぐらいです。もちろん、お金があってこれからずつと続ける自信があればともかく、いきなり高価なものを入手するのはちょっとためらいます。自分もそうでした。

さらに、三味線店は素人が入るのには敷居が高い…。

2 ネット通販、オークションで

三味線店のホームページで販売している三味線も基本的には店頭と同じ価格。高価なものが主流です。では、ヤフオクなどのオークションではどうでしょう。

見ていると、確かに1万円以下の安いものもけっこうあります。しかし安いものはたいていは皮が破れていてそのまま弾けないため、修理に出さねばなりません。皮にもよりますが、貼り換えには片面だけでも1.5~3万円の出費を強いられます。

安いからという理由で画像だけ見て手に入れても、結局さらに費用がかかってしまいます。オークションでは高く売るためにいい画像を載せて、購入後のリターンやクレームを受け付けないことがほとんどなので、もしジャンク品が届いてしまったら後の祭り。

もちろん良心的でいいものを安く提供している個人や業者もいますが、三味線の場合は、全く知識のない売り手が少なくないのも問題です。見極めは難しいですね。当三味線リサイクルでは中古の三味線を安い価格で提供しています。ぜひお問い合わせください。